​新刊が出ました!

9DE4D09A-CDEF-4D84-B59B-33E53096A9D8_4_5005_c.jpeg
globe-2269653_1280.jpeg

このホームページは・・

人の国際移動ーマイグレーションーの研究者が

オフィシャルには発信できない情報を伝える​ための「私的な」HP/ブログです。

 

略歴

上智大学法学部国際関係法学科 教授

専門は国際関係論、人の国際移動論(博士(学術):東京大学)

難民審査参与員、日本国際問題研究所プロジェクトメンバー、日本国際フォーラムプロジェクトメンバーなど。

(wikipedia参照)

Image by Daria Shevtsova

研究業績

著書

「外部ガバナンス」「人の自由移動」「移民・難民政策」坂井一成、八十田博人編『よく分かるEU政治』ミネルヴァ書房 (2020年)

“The EU-Japan Security Dialogue and Migration: a Search for Common

Ground” (with H. Koff and J. Akashi), in, E. J. Kirchner and H. Dorussen eds., EU-Japan Security Cooperation, Trends and Prospects, Routledge, 2018.

『人の国際移動とEU:地域統合は「国境」をどのように変えるのか?』編著、法律文化社 (2016年)

“Commentary (on Erin Aeran Chung, ‘Immigration Control and Immigrant Incorporation in Japan and Korea’)”, in; J.F. Hollifield et al. eds., Controlling Immigration: A Global Perspective (3rd edition), Stanford University Press, 2014

「グローバル社会化−『世界』の拡大と秩序の普遍性」吉川元ほか編『グローバル・ガヴァナンス論』法律文化社(2014年)

『越える : 境界なき政治の予兆』 (政治の発見, 第8巻) 2010年、風行社(押村高 責任編集)

『帝国の長い影 : 20世紀国際秩序の変容』 (Minerva西洋史ライブラリー, 89) 2010年、ミネルヴァ書房(木畑洋一、後藤春美編著)

“The ‘Outside-In’- An Overview of Japanese Immigration Policy from the Perspective of International Relations,” in; S. Mantu and E. Guild (eds.), Constructing and Imagining Labor Migration: Perspectives of Control, Ashgate 2011

論文

「『欧州難民・移民危機』再考―EUにおける人の移動研究への問題提起」『上智ヨーロッパ研究』12号(特集「欧州難民・移民危機の再検討」(岡部みどり編集責任))(2020年)

「欧州移民・難民危機とEU統合の行く末に関する一考察」『国際問題』662号(2017年)

「EUによる広域地域形成とその限界−対外政策としての出入国管理」『日本EU学会年報』37号(2017年)

その他

“Return Migration, International Protection and Global Governance, International Studies Association 2020 Annual Meeting, Honolulu, 2020年3月27日(新型肺炎のため中止)

「産業競争力強化・外国人財受け入れ対策特別委員会」参考人(「外国人財の受け入れ・共生のための総合対策について」報告)(広島県議会)2020年1月21日

「欧州難民危機の検証−EUの連帯はどこでつまずいたのか?」上智大学国際関係研究所、同ヨーロッパ研究所共催ワークショップ(上智大学国際関係研究所)2019年1月25日

”Ambition for Japanese Immigration”, アジア パシフィックイニシアチブ、Australian National University共催シンポジウム 司会(六本木アカデミーヒルズ)2019年10月9日

「⼈の国際移動のガバナンス‒多層性の再検討」グローバルガバナンス学会2019年度研究大会「共通論題1」報告(神戸大学)2019年5月11日

”Migration Governance in the Asia-Pacific: On Institutionalization, Emergent Norms, and Redefined Borders”, 国際政治学会2019年度研究大会、IRAP20周年記念部会報告(朱鷺メッセ)2019年10月18日

岡部みどり、国際政治学会2019年度研究大会、国際統合分科会討論者(朱鷺メッセ)2019年10月18日

「EU対外政策としての出入国管理」(東京税関)2017年10月18日

「EU対外政策としての出入国管理」(国立国会図書館)2017年8月25日

「人の国際移動のガバナンス–その多層性と水平性に関する一考察–」国際法学会2017年度研究大会報告(朱鷺メッセ)2017年9月5日

「グローバル・マイグレーション・ガバナンス−多層性の動態的把握に関する一考察」駒場国際政治ワークショップ第50回(東京大学)2017年7月14日

“On Global Migration Governance”日本・V4セミナー報告(外務省及びV4在京大使館主催: 城西国際大学)2017年2月22日

「制度化の失敗−欧州難民・移民危機と対外政策としての出入国管理」日本EU学会第37回研究大会報告(一橋大学)2016年11月26日

EUIJ早稲田EU法研究会 特別ワークショップ「EUの難民危機とシェンゲン体制のゆくえ」(早稲田大学)2015年11月27日

「難民・移民問題とEU−ヨーロッパが直面する危機」(経済同友会)2015年11月26日

“Importing and Exporting Migration Theory Across Continents: Europe, North America and East Asia”, Council of European Studies 2015 Annual Conference(Science Po, Paris)2015年7月8日−10日

“Is Japan a Closed Society of Immigration? - Issues on International Migration and Territoriality in Japan,” Nissan Institute, University of Oxford, U.K. 2015年2月5日

上智大学100周年記念ソフィアシンポジウム「人の移動と地域統合−高度人材獲得に向けたEUの地域戦略−アジア・日本への示唆」主催(上智大学)2013年12月13日−14日

“The Practice of Region-Building and Immigration Control - the EU strategy towards Asia“, EU Studies Association Asia Pacific 2013 Annual Conference, Macau, 2013年5月17-18日

“The European Union Policy on Migration Management and its Potential Relevance to the Japanese Politics, “ Japan-EU Conference, Brussels, 2010年11月30日

“Management from the Inside-Out: Relevance of EU Migration Control to the Non-EU World,” Council for European Studies 2010 Annual Conference, Montreal, 2010年4月15-17日